♪駅近♪ JR阪和線堺市駅より徒歩10分

いちごの電照をしています。

冬場はいちごにとって日照時間が足りません。日照時間が足りないと葉が矮化して光合成する効率が落ちてしまいます。品種によりますが、人為的に日長を延長しなければなりません。

 

DSC_0165 (1)

ビニールハウスの樋の末端処理

ビニールハウスの部品メーカー東都興業さんの『レインペットワイド』の取り付けをしました。この商品は従来品をワイド化していて、昨今のゲリラ豪雨に対応した製品です。

表側

DSC_0155 (1)

裏側

DSC_0156 (1)

ビニールハウスに取り付け後。4箇所ボルトで固定しました。
DSC_0157 (1)

 

レインペットワイドと塩ビパイプ(口径100)を接続して、会所枡の落とし込みをして完成です。

DSC_0163-1-1024x681

 

農園の整備

古い防草シートを新品に張り替えました。

DSC_0145 (1)

合わせて土壌改良の為、会所枡(かいしょます)を埋め込みました。

DSC_0148 (1)

穴を掘って塩ビパイプを会所枡と会所枡を接続していきます。接続用塩ビパイプは50ミリを使用しました。

DSC_0146 (1) DSC_0147 (1) DSC_0149 (1)

会所枡の埋め込み作業が終わりましたら、土を整地して新品の防草シートを張って完成です。

DSC_0152 (1)

開花中の『よつぼし』

開花中の『よつぼし』。

万人受けする味(王道)が魅力です。

DSC_0144 (1)

いちごの新品種『はるひ』

試験栽培第3弾。

三好アグリテックの『はるひ』。

この『はるひ』は電照が必要な品種です。

三好アグリテック様ホームページ

ベリーポップ はるひ(19FAGー2) | 三好アグリテック株式会社 (miyoshi-agri.co.jp)

 

DSC_0140 (1)

 

 

いちごの新品種『すず』

試験栽培第2弾。

三好アグリテックの『すず』。今シーズンは契約により、極少数の試験栽培ですが、草勢は上々です。

三好アグリテック様ホームページ

ベリーポップ すず(19FAMー2) | 三好アグリテック株式会社 (miyoshi-agri.co.jp)

栽培マニュアル

ベリーポップ 栽培マニュアル :: AirLibro SaaS

DSC_0138 (1)

ミツバチの搬入

去シーズンより約一か月遅れてのミツバチの搬入です。

 

DSC_0137 (1)

試験栽培

昨年も、試験栽培していた「越後姫」。

この品種は、新潟県園芸試験場で育成されたいちごです。

今年は、場所を変更して極少数ですが試験栽培を継続しています。

DSC_0136 (1)

現在の農園の様子。

設備を更新したハウス。

防草シートも新調しています。いちごの果梗折れ防止ネットの展開も終わりボチボチ出蕾も始まりました。

DSC_0135 (1)

本日のやよいひめ

品種は『やよいひめ』

群馬県育成の晩生(遅咲き)の品種です。表皮は固めで果肉はトロトロしています。

この『やよいひめ』真っ赤に赤くなるいちごではなく、ピンク色の様に淡い色をしています。

いちごは、品種により味はもちろんですが、色も違います。当園に掲載しています他のいちごと比べていただけますと幸甚です。

DSC_0132 (1) DSC_0133 (1) DSC_0134 (1)

 

画像は本日(2021年1月30日)撮影しました。明日(2021年1月31日)いちご狩りをする予定のビニールハウスのいちご達です。