♪駅近♪ JR阪和線堺市駅より徒歩10分

本日より定植を開始しました。

ついに今年度のいちごの植え付けを始めました。

今年度、復活した品種もあればお休みした品種もあります。

まだまだ植え付けていない品種もあります。

本日は農園全体の10%くらい植え付けが終わりました。

 

 

 

紅ほっぺ(生まれ=静岡県農林技術研究所)

dsc_0179dsc_0180

桃薫(生まれ=農研機構野菜茶業研究所×北海道農業研究センター)

dsc_0178

アイベリー(生まれ=愛三種苗株式会社)

dsc_0177

とちおとめ(生まれ=栃木県農業試験所)

dsc_0174

 

 

本日も定植準備

本日も晴天です。

ビニールハウスの中は、炎天下。

DSC_0172

点滴チューブを新品に交換し培地を再耕耘し白マルチを被覆しこちらのハウスは、定植準備完了です。

DSC_0173

 

 

平段高設栽培の定植準備

培地であるココピート(ヤシガラ)を耕耘後、冠水チューブを新品に交換しました。

DSC_0168

DSC_0169 DSC_0170

白マルチを被覆しました。

こちらのビニールハウスでは、定植を待つのみです。

←のビニールハウスは、いちごステーションです。

DSC_0167

 

いちごステーションの電照の取り付け作業

一般的にいちごの電照には、白熱球がよく用いられていますが、電気代が割高な事や生産中止もありledや蛍光灯で代用するいちご農家が増えてきています。

DSC_0162

 

DSC_0165

 

設置後の風景。

DSC_0166

いちごステーションの定植前作業

いちごステーションのプランターです。

DSC_0155 DSC_0156

プランター底部に敷く中敷き排水ネット。

DSC_0153 DSC_0154

プランター1個につき中敷き排水ネット2枚使います。

DSC_0157プランターとクリプトモス培地(杉培地)

DSC_0138

プランターにクリプトモス(杉培地)を入れました。

DSC_0141

クリプトモス培地(杉培地)はヤシガラ培地やピートモス培地よりも難分解性ですが初年度は撥水性が高いとの事。

プランターを高設に吊った後、手潅水を行いました。DSC_0144

たっぷりと水分を含んだクリプトモス培地(杉培地)

DSC_0143

 

点滴チューブ内圧力ok?

DSC_0151

点滴チューブは、ストリームライン60の10㎝ピッチを使用しています。

DSC_0148 DSC_0149 DSC_0150

排水(廃液)はプランター底部から出てくる仕組みです。

DSC_0159

いちごステーションの廃液配管の土中埋め作業 その2

廃液配管の土中埋め作業が終わり防草シートを引き直しました。

DSC_0124

いちごステーションの廃液配管の土中埋め作業

一度敷いた防草シートを外しいちごステーションの廃液配管(塩ビパイプ)を土中に埋めました。

DSC_0122 DSC_0123

 

株式会社 誠和様のいちごステーションを本年度より一部導入いたしました。

25日にいちごステーションの資材が届きました。

↓の袋はいちごステーション専用培地の杉培地。

DSC_0110

いちごステーション専用プランター。

DSC_0111

いちごステーション専用架台。

DSC_0112

本日、施工を開始しました。

DSC_0113

DSC_0114

 

DSC_0115

 

DSC_0116

 

DSC_0117

給液配管用配管を土に埋めるため溝掘り作業。

土がコンクリートの様にカチカチに乾燥していて悪戦苦闘中。

DSC_0118

かなり乾燥していたので水を入れ土を柔らかくし、作業をし易くしました。

DSC_0119

明日に続く…

 

 

 

 

 

 

防草シート張り

新しいビニールハウスに防草シートを張りました。

DSC_0108 DSC_0107

講習会に出席しました。

堺市営農センターの講習会に参加してきました。

DSC_0104