♪駅近♪ JR阪和線堺市駅より徒歩10分

今朝のいちご達

m 018

m 015

下の画像は12月定植の中空構造栽培槽です。ぼちぼちといちごがなってきました。
m 019

肥料について

「いちごの堺」では、栽培において「新根の量」が重要と考えています。
肥料の成分で言いますと「核酸」です。この「核酸」という生命に必須の物質が根に好影響を与えます。
「いちごの堺」では通常の液肥とは別に2つの高級肥料を(状況により)使い分け与えています。
アミハート(味の素ヘルシーサプライ株式会社)
033
育王(昭光通商株式会社)
034
この2つの肥料は特許2927269号製品です。

本日の圃場のいちご達

完熟している桃薫です。完熟した桃薫は横を通るだけで、他のいちごとは違う独自の香りがします。
008

さちのかです。
011
022

紅ほっぺです。
023
015

JA堺市 営農センター

本日はJA堺市営農センターにトマト用の肥料とva堆肥と苦土石灰を購入しに行きました。
004
002
購入した肥料とva堆肥と苦土石灰は下記の物を購入しました。
006
ハウスに帰ってva堆肥だけを土壌にたっぷりと散布し耕耘しました。堆肥をたっぷりと入れる事により土壌に腐植物質を増加させ美味しいトマトの生産が可能になります。
007

箕面市の「ととろみファーム」さんと池田市の「ガーデンセンター華遊」さんに行ってきました。

ととろみファームさん(箕面市)の圃場見学の後、ガーデンセンター華遊さん(池田市)に行ってきました。私が一番目に引いたものは…パイプハウスです。
通常のパイプハウスに大径アーチパイプをwアーチとしている非常に強度のある構造となっており良い勉強になりました。

m 003

単棟ハウスとその奥に単棟ハウスがありその中央に小径パイプでハウスを造りハウスを連結している構造…すごいです。
m 012

m 010

m 005

ととろみファームさんも「いちごの堺」と同じ中空構造栽培槽を使っていちごを栽培しております。下の画像はととろみファームさんの育苗ハウスです。
m 002

m 001

新ハウスで耕耘作業

013

014

015
あまり馬力のある耕運機ではないので粘土質の土壌では大変です。

トマトはどうでしょう?

早朝撮影の12月初旬定植の中空構造栽培槽

葉露が確認できます。
009

コーナン 橿原香久山店 かしはらかぐやま

昨日午前中の直売所開店前の画像です。
002

昨日の午後耕運機をホームセンターで購入しようと思いコーナン松原店いきました。しかし在庫がないと言われたので最終的に奈良県のコーナンまでいきました。。。
橿原香久山店はコーナン全店舗中、農機具の品ぞろえで一番規模が大きいと思います。
購入した耕運機は井関農機株式会社のvar345です。
005

007

12月初旬定植の中空構造栽培槽です。

011
010

熟してきたイチゴ達

電照の光で写真を撮ってみました。

桃薫です。葉露が確認できます。
002

電照の全体図です。
006