♪駅近♪ JR阪和線堺市駅より徒歩10分

本日のいちご

本日、早朝に撮影しました。

DSC_0025

 

紅ほっぺの4兄弟。

同一株から同時に4つ完熟した紅ほっぺ。ヘタの際まで赤くなり糖度は非常に高いです。

DSC_0023

 

完熟したまさに食べ頃の章姫。

DSC_0021

本日のあまえくぼ

品種はあまえくぼ。

果実の表面は弱く出荷には向かない品種ですが、食味が良好で糖度が一押しの新しいいちごです。

育種元は九州沖縄農業研究センター(農研機構)

http://www.naro.affrc.go.jp/laboratory/karc/prefectural_results/files/29_5_11.pdf

DSC_0027

写真は本日早朝に撮影しました。

 

いちごの伐根作業

いちごの堺では、生産株の伐根作業はカッターで行っています。

全体の80%くらいが杉培地ですが、杉の繊維が固く作業性は悪く大変です。

DSC_0017

杉培地にいちごの根がびっしりと張っています。

高品質ないちごの果実の生産には、良質な培地と根は大切な条件です。

DSC_0018

 

来シーズンの親苗の定植

 

いちごの堺では、一部生産ハウスを苗用のハウスに改造して来作用の苗の準備を始めました。

品種は『もういっこ』。

宮城県が育種しました品種で、遅咲きですが果実は固く食味に優れる品種です。

DSC_0055

 

宮城県農業・園芸研究所 https://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/70269.pdf

現在のいちごハウス

今シーズン新たにオープンしましたビニールハウスのいちご達。

DSC_0060DSC_0061

 

いちご狩り開園しました。

本園にお越しくださりましてありがとうございます。

DSC_0028  DSC_0030 DSC_0031 DSC_0032 DSC_0033 DSC_0034 DSC_0035 DSC_0036 DSC_0037 DSC_0038 DSC_0039 DSC_0040

本日、いちご狩り園を開園しました。

ご来園のお客様、当園にお越しくださりましてありがとうございます。

DSC_0020DSC_0013

DSC_0019

DSC_0018

DSC_0017

DSC_0015

DSC_0016

DSC_0021

現在のいちごの堺

現在、いちごの堺では果房折れ防止ネットを付けています。

これによりいちごが痛むのを防ぎます。

DSC_0082

足場パイプを使用したビニールハウスを建築中 その2

佐藤産業の両スエジジョイント(48,6用)

主にビニールハウスの肩部に使用する部品。

DSC_0068

 

佐藤産業の単クランプ付き両スエジジョイント(48,6用)

主にビニールハウスの天井に使用する部品。

DSC_0069

 

両スエジジョイントを差し込みました。

DSC_0071

 

脚立の高さが足りなくなったので大きい脚立を用意しました。

DSC_0073

 

天井用の単クランプ付き両スエジジョイントは天井が高く危ないので、地面にて片側のみ組上げました。

DSC_0076

 

仮組が終わりました。

DSC_0077

足場パイプを使用したビニールハウスを建築中 その1

パイプの切断面には常温亜鉛メッキ(https://www.roval.co.jp/)

切断面からの錆を防ぎます。

DSC_0064

48×48の直交部品カチックス(東都興業http://www.toto-vp.com/eigyo/)

 

エンドキャップにかん太くん(http://www.ashiba-pipe.com/)

足場管は広く普及していることもあり部品の選ぶ選択肢が広がります。

DSC_0065

 

カチックスはクサビをハンマーで打ち込みます。

通常の口径の小さいパイプハウスでは小さいハンマーで打ち込めますが、足場管用カチックスは強度がありすぎて大きいハンマーでないと打ち込めません。

DSC_0066